基礎知識


レギュラーになるまで

キャンプから始まり、3月にはオープン戦がある。
オープン戦でのミッションをクリアすると開幕一軍スタート。
クリアできなかった場合は二軍スタートで、まずは一軍を目指すことになる。

二軍で試合を繰り返すうちにまたミッションが発生し、クリアすると一軍に上がることが出来る。
一軍では初めは代打か中継ぎでの起用となり、ここで活躍しているとまたミッションが発生する。
ミッションをクリアするとスタメンでの起用が始まり、同じポジションの選手とレギュラー争いが始まる。
逆にミッションを失敗すると監督の評価が大幅に下がり、1試合活躍しなかっただけで二軍落ちするほどになる。

レギュラー争いは1ヶ月ほど続き、勝利するとレギュラーになる。
敗北すると問答無用で二軍落ち。
レギュラーになった後も当然成績が悪ければ二軍落ち。
二軍落ちすると上記の流れをもう一度やり直すことになる。
また、ミゲルや国分が入団してきたときにも同じようにレギュラー争いをすることになる。
三冠王を取っていてもレギュラー争いさせられるのは理不尽

毎年最後に契約更改がある。
成績に応じて年俸は上下するが、初めに掲示される金額は最大でも前年度の5倍まで。
年間ミッションをクリアしていると5%か10%アップする。失敗しても下がりはしない。
5年目以降の契約更改時に二軍にいるとゲームオーバー。

育成ネタ

体質

食事や深川との会話で体質が変化することがあり、成長に影響する。
  • 筋力型
パワー、走力、肩力、球速、スタミナ経験値にプラス補正
ミート、守備、エラー回避、コントロール、変化球経験値にマイナス補正
  • 技術型
パワー、走力、肩力、球速、スタミナ経験値にマイナス補正
ミート、守備、エラー回避、コントロール、変化球経験値にプラス補正

やや〇〇型<少し〇〇型<〇〇型<超〇〇型まであり
超〇〇型にするのは大変。特化型にするならいいが全能力を伸ばす場合は注意

超筋力 +61 ~ +80
筋力 +41 ~ +60
少し筋力 +21 ~ +40
やや筋力 +1 ~ +20
初期値
やや技術 -1 ~ -20
少し技術 -21 ~ -40
技術 -41 ~ -60
超技術 -61 ~ -80

「ほんのり筋力型になった」 +1~+2
「ほんのり技術型になった」 -1~-2

強化項目

奥居練習、試合による経験値をどう分配するかを決める
〇〇型でバランスよく分配するのもいいが
詳細項目で1点集中させるとグングン伸びる

練習

通常練習は、体力が多いほど・練習レベルが高いほど経験値を多くもらえる。
奥居練習は体力や練習レベルの影響は受けないが、奥居の能力や評価によって効果が変わる?
キャンプ(オープン戦含む)中は通常練習の効果が大幅に上がり、体力消費も大きくなる。
OBと知り合うと、その選手のいる場所で電話することで特訓を受けることが出来る。
特訓は圧倒的な効果を誇り、評価が上がると特別メニューを受けて特殊能力を得ることも出来る。

キャンプ

特殊能力の練習、変化球の取得・変更、サブポジションの取得、打席変更、などが行える。
サブポジションのレベルを上げたときにコンバートすることも出来る。
前作からの地味な変更点として、サブポジションを取得しやすくなり、サブポジの守備力が下がった。
具体的には、体力が高ければどのレベルでも1回で取得できるようになり、前作では守備力7割→8割→10割だったのが、今作では守備力1割→5割→10割。

試合による経験値

活躍度、投球回、打席数、1軍か2軍かで経験値量が違う

衰え、選手寿命

選手寿命が近付くと能力が下がっていく。サクセスキャラの成長タイプの影響は未検証
同じ物ばかり食べたり、ピザやハンバーガーを食べたりすると選手寿命は縮む。
ショッピングモールのレベルを2以上にすると水曜日にヤモリの干物が売り出され、これを使う事で寿命を延ばす事が可能。
合同練習に他の選手を呼ぶと酸素カプセルの情報をくれることがあり、これも選手寿命を延ばす効果がある。
が、酸素カプセルは一年で壊れる?


具体的な育成法

まず本屋で本を買って読むといい。
特殊能力が簡単に得られる上、調子もどんどん上がる。

一年目は深川に電話するのも良い。
ルーキー特集で「今年は体力作り」を選ぶとケガしにくさの経験値が上がる。
ただしこのイベントには奥居がいる必要がある(自分が1軍で奥居が2軍だと発生しない?)。

あとはひたすら奥居と練習かOBと特訓。
強化項目は自由。ただし試合で活躍できるような能力を伸ばしていきたい。
試合はひたすら良い結果を出せるように頑張る。
投手の場合は先発にすると自由行動、試合数が激減するので中継ぎ、抑えがおすすめ。

野手について

安打を稼がないと二軍永住→クビになりかねないので守備は捨てて打率優先の育成を
下手な打撃もヒットにできる瞬足タイプがおすすめ
特殊能力発動で上がるステータスは強力なのでなるべく早く本を読んで習得していきたい
打率が安定し1軍定着できるようになったら後は自由でおk

投手について

中継ぎから始まりその後何をやりたいか聞かれるのでまずは完璧な中継ぎにならなければならない。
開幕1軍は2イニング×3ノーヒットノーランを強いられるので序盤から最高難易度。
その後は基本的に失点に厳しく安打に甘い評価なので失点だけはしないようにすればおk。
レギュラーになると、先発・中継ぎ・抑えのどれをやるか選択できる。
毎年キャンプで聞かれるので変更も可能。
先発になると試合日の前後と試合の無い日しか行動できなくなる。
練習時間が大幅に減り、貴重な時間を更に休養に費やさなければならないので、育成の面では圧倒的に不利。

  • 野手能力について
弾道・ミート・パワー・走力については、詳細項目で設定しないと育成できない。
また、伸びも野手のときより圧倒的に悪いので、二刀流を目指す場合は注意。
守備・肩・エラー回避は、詳細項目・キャンプ・練習などで野手と同じように伸びる。
サクセスと違い、球速をあげても肩は伸びない。
スプレーバットやスタートスパイクなどの装備品で貰える経験値は、「経験値」のページには表示されないがきっちり加算はされていて、使い続ければちゃんと特殊能力を覚える。
ただしシーズン終了時の成績による経験値は貰えない?(年間60本塁打でパワーヒッターの経験値増えず)

  • 変化球について
球種数が多いほど、新変化球取得と変化量アップに必要な経験値は増える(球種には第二ストレートも含まれる)。
特に新変化球取得に必要な経験値は、3球種以上で一気に増える。
OBとの特訓でも新球種を覚えることが出来る。
ある球種の変化量を上げたいとき、その球種の変化量が1上がる毎に必要経験値はおよそ倍になる。
総変化量は関係しない模様。
ちなみに変化量6→7に上げるには、およそ丸一年奥居と練習を続けるくらいの経験値が必要。
球種変更の必要経験値は、球種数や変化量が増えても変わらない。


コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-11-24 22:35:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード